Owarishimaの特徴

HOME > Owarishimaの特徴

尾州ブランド

尾州産地と尾州マーク

尾州産地と尾州マーク

尾州産地は日本のほぼ中央の愛知県尾張地方や岐阜県羽島市近郊を中心とした繊維産地は「尾州」と呼ばれ木曽川の恵みを受け古くから絹、綿、毛織物の産地として発展してきました。

現在も国内や海外の有名ブランドに糸やテキスタイルが採用されております。

尾州マークは公益財団法人一宮地場ファッションデザインセンターが発行する、尾州産地内にて織又は編み及び染色整理仕上げの2工程以上を行っている品物のみ認定されるものです。

皆様に知って頂き「尾州」が活性化するように応援して頂きたいです。

認定・報道など

平成28年尾州テキスタイルデザイナーズ協会認定ゴールドクリエーター称号を授与いたしました。

平成29年9月16日付「中日新聞」さんにて紹介されました。

平成30年8月10日経済産業省中部経済産業局より「地域産業資源活用」に認定。

Owarishimaの生地

とても軽いマフラーOwarishima

従来のマフラーと比較して非常に軽い。

従来のマフラー275g
従来のマフラー275g
Owarishimaのマフラー155g
Owarishimaのマフラー155g

通常の半分程度の重さになります。

ストレッチ性に優れて皆さんに合わせてつつみこむ。

従来の織物のマフラーと比較して伸縮性バツグン。

従来の織物のマフラー
従来の織物のマフラー
Owarishimaのマフラー
Owarishimaのマフラー

よく伸縮することも大きな特徴です。

日本で唯一のイタリヤ製編み機にてソフトなタッチで暖かい。 (ワールTEX機使用タイプについて)

日本で唯一のイタリヤ製編み機にてソフトなタッチで暖かい。
(ワールTEX機使用タイプについて)

日本で当社1社しかないイタリヤ製編み機で製造することで、針を使わないパイプを通すので、糸に負担をかけずソフトなタッチが実現します。
また、空気のまくをつくりながら編んでいくので、使用したときに首元の暖かさを逃がしません。

多機能ストールもあります。(ストール巻き、ポンチョ巻き、エプロン巻き)と使い方いろいろ。

非常に軽いのでひざに負担がかからず快適にお使いいただけます。また、温かみのあるデザインなので、心まで温かくなっていただければと思います。

多機能ストールもあります。(ストール巻き、ポンチョ巻き、エプロン巻き)と使い方いろいろ。
多機能ストールもあります。(ストール巻き、ポンチョ巻き、エプロン巻き)と使い方いろいろ。
伝統の柄を現代で体感できる。

伝統の柄を現代で体感できる。

忘れてはならないのが、この尾張縞は江戸時代に一旦途絶えてしまった技法だということです。ぜひ、日本にある伝統技術を体験いただきたいと思います。写真のようにペアでもご支援いただいて使用いただいてもまったく問題ございません。
Copyright (C) Nisshin knit Co., Ltd. All Rights Reserved.